現役料理人が情報発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食費節約方法は捨てない事!使い切るを心がける!

大根

私、現役和食料理人が思いますに、

『食費節約術』 とは、

・切り詰める
・無駄な買物をしない

なんて事が思いつくでしょうか?



これはこれで、
正しいことだと思います。


一方私が考えるところ、

料理人視点で、
食費を節約という方向に持って行くには、

【今、そこにある食材を無駄無く”使い切る”こと】
だと思います。

一つの食材を”しっかり”使い切ることで、
他の食材が節約されると

考えます。



例えば、大根。

大根の葉っぱ捨ててませんか?
大根の皮捨ててませんか?
大根おろしで出た汁だって大根ですよ!




では、
今回は【大根】を使い切ってみましょう。

一本の大根から、
こんなに多くの料理に変身させられますよ。

そうしたら、
他のもの余分に買わなくても…ね?




  スポンサードリンク




大根を使い切る【葉】


【刻む・炒める】
■大根の葉のふりかけ
■大根の葉のちりめん炒め

大根の葉は、細かく刻んで、
炒めるのが美味しいと思います。


ごま油で炒めて、しんなりしてきたら、
料理酒、濃口醤油を投入、

煮詰める感じで少し濃いめに仕上げると、
ご飯のお供に最適です。

仕上げ段階で、
・ちりめんじゃこ
・桜えび
・鰹節

などを入れると、
味の旨味が増します。



大根を使い切る【皮】


【干す】
■切り干し大根

大根を剥いて出る”皮”を千切りにし、
乾燥するまで干すだけ。

基本的に、
冬の寒く、風のある日に行うのが良いです。

夏場ですと、
なかなか乾燥せず、カビが生えてしまう場合もあります。


切り干し大根として使用上の注意点は、

市販のものよりアクがあるので、
水で戻したら水を切って、
塩もみします。

切り干し大根から出る水分が、
濁らなくなるまで、
何回か行います。

それから1回茹でて水にさらします。

これが下処理です。




【する】
■大根おろし・鬼おろし

個人的に”鬼おろし”が好きなのです。

『大根を食べている』という、
ゴロっとした食感がヤミツキになります。


さんまや焼き魚に、
皮付きの大根おろし美味しいですよ。


また、
大根と一緒に貝やタコを炊くと、
柔らかくなります。

当然、
大根おろしの汁などでも、
同じ効果があります。


我々は、
大根おろしの汁を冷凍して、
タコや貝の時に解凍して使う事もあります。




  スポンサードリンク






大根の”本体”を使い切ろう


【煮る】
■含め煮
大根の料理で便利なのが、
この”煮た状態”で持っていること

この味が含んだ大根は、
応用が利いて、
とても使い勝手がいいんです。



もちろんこのまま食べたり、
おでんの具としても、
使えますが、

ここから色々なアレンジが可能です。

【煮た大根を焼く】
■大根ステーキ

含めた大根が”下味”が付いた状態となります。

小麦粉をまぶして、
バター醤油で焼くだけで、
大根ステーキの完成です。


【煮た大根を揚げる】
■揚げ出し大根

こちらはもっと簡単。
片栗粉をまぶして揚げるだけ、

揚げ出しなので、
炊いたお出汁をかけるだけ。



炊いた状態での使い道は
他にも沢山あります。

・カレー
・みそ汁
・煮物

などなど、
常備菜的な感覚で使えます。
しかもメインとしてです。




さいごに


大根は捨てるとことが、
ありません。


と言いますか、
”使い切る”努力をすれば、

大根に限らず、
他のどんな食材でも使い切れます。


それが、
食べ物に対する恩返しでもあると、
私は思います。


食材を捨てるまえに、
”ちょっと待った!”

『何かに使えないかな?』と。






  スポンサードリンク

























関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。