現役料理人が情報発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料理初心者におすすめ!和食料理の味付けの簡単な方法と考え方!

煮物1



“料理の味付け”って難しくないでか?

そう思っている人、
特に料理初心者さんが、

この記事を読んで、
“料理って簡単”
と思って帰っていってもらいたいと思います!

今回の味付けは和食に使えるのですが、
和食といっても、
私たち日本人がつくる一般的な家庭料理です。

覚えることはただ一つ!
それを派生していくだけ。
簡単です。




スポンサードリンク



簡単な味付けの基本術


和食の調理で、
【八方だし】
という言葉を耳にしたことありませんか?

八方だしの”八方”とは、
『四方八方つまり”あらゆるところ”で使える!
という万能的なだし』

という意味の調理料です。



この八方だしは、
いわゆる合わせ調味料というやつで、
かつおダシ、醤油、みりんで作ります。

「家にかつおダシなんてないよ」
という人が殆どだと思います。

この時、
“ほんだし”などの化学調味料を水で溶いて、
美味しい水=かつおダシ
で代用可能です。


で、ここがポイント!

そのだしと調味料の割合が、
かつおダシ:8
醤油:1
みりん:1

つまり、
計量カップであったり、
レードル(おたま)など、同じものを使って、
かつおダシ8杯、醤油1杯、みりん1杯
合わせて作ります。



この八方だしで、
どんなものが作れるのか?と言いますと、

・肉じゃが
・筑前煮

などの基本的な煮物全般に使えます。



と、ここまでは、
どこにでも書いてある一般的な八方だしのお話。

で、
ここからが料理人直伝の重要ポイント!
八方だしをちょっとだけ発展させます。

料理人の私も、
この八方だしを使って調理するのですが、
料理によって出汁の割合を変えるのです。


これが、ポイント!

それだけで、
違う料理が簡単に作れるのですが、

実際のところ、
料理の殆どが八方だしの変化系なのです。



では、具体的に見ていきます。

八方だしは基本、
出汁が8杯
この割合を3杯や10杯と変えることで、
違う料理が簡単に作れます。


出汁3 親子丼
出汁4 卵とじ
出汁5 あんかけ 煮魚(だし→水)
出汁6
出汁7

出汁8 肉じゃが 煮物全般 南蛮(+酢1)
出汁9
出汁10 肉じゃが(こってり)
出汁12 おひたし(濃いめ)
出汁15 おひたし(薄め)
当然、
出汁(だし)の量が少なければ、
味は濃いですし、

多ければ、
味は薄くなります。


親子丼などは、
出汁3 醤油1 みりん1の八方だし
(正しくは八方だしではありませんが…)
で鶏肉、玉ねぎを煮て最後に卵入れて完成。



あんかけは、
出汁5 醤油1 みりん1を煮立たせて、
アルコールを飛ばして、
片栗粉でトロミを付けるだけ。

揚げた魚や鳥唐にかけても良し。
あんに具材を入れて、
ご飯にかけるも良し。


肉じゃがも、
じゃがいも、肉、人参、玉ねぎを、
8:1:1の八方だしで柔らかくなるまで、
炊くだけ。



おひたしは、
12〜15:1:1の八方だしを、
あらかじめ作っておき、

茹でたほうれん草や青菜などを、
この出汁に浸すだけ。


どうですか?
難しくないでしょ?



スポンサードリンク



まとめ


覚えることは、
八方出汁の 8:1:1 のみ。

出汁の割合を変えることで、
全く違う料理が簡単に作れるのですが、
基本は同じ。


ここで応用としては、
濃口醤油を薄口醤油にしたり、
あんかけにお酢を入れて”甘酢あん”にしたり、
あっさりさせたいから、8の所を9:1:1にしたり、と。

応用と言っても、
全然簡単なアレンジです。


とりあえず、
最初は慣れるまで、あまりいじくらないで、
基本の割合で作ってみるのをお勧めします。



結構、
料理を難しく考えている人が多いのですが、
こんな感じのややこしくない味のつけ方なら、

『料理はあまり好きじゃない』
という人も少なくなるのではないかと思うのですが…。

すごく簡単な調理方法なので、
ぜひ一度取り組んでみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。