”ここで働きたい”自分が希望する飲食店で募集をしていない場合の取るべき方法!

マインド

このお店で絶対働きたい!

そう思えるお店で働けて、技術も身につけていければ、
やりがいと張り合いが生まれますよね。

しかし、
自分の狙ったお店が募集をしていない場合どうしますか?
そんな時の取るべき方法と心構えを伝授いたします。

スポンサーリンク


まずは飲食業界の内情を知る

まずは、
飲食店の現場での内情を見て行きましょう。

基本的に、
そのお店で働く料理人の定員は決まっています。

その定員が欠ければ募集をかける訳ですが、
その募集時期というのは実に不透明です。

次々に人が辞めていけば常に募集がかかりますが、
入れ替わりがなければ募集はありません。

そして、
欠員が出れば誰でも良いというわけでは
ありません。

基本的には。
その辞めた人間と同等のレベルの補充を行います。

つまり、
そのお店で働きたい気持ちがいくら強くても、働きたいと思ったタイミングと
そのお店の募集のタイミングが、
ピタッとマッチしないと狙ったお店で働けません。

これって結構、神ががってますよ。

それが運命だと言ってしまえばそれまでですが、
チャンスが流れてくるのをただ待つだけ、
チャンスに巡り合わなければ、はいサヨナラ…

と、ここまでは一般論。
これであなたは諦めが付きますか?


そう、こんなんで諦めていたら何も掴めやしません!

だから自分から動くのです!
だから先手を打つのです!

スポンサーリンク


募集を行っていなくてもアクションを起こせ!

もう一度聞きます。

「自分が働きたいお店で募集をしていない」
と言われたらどうしますか?

諦めますか? 

私なら諦めませんね。
むしろ募集があろうがなかろうが、
”こんなヤツがいる”と先方の記憶に印象を植え付けに行きますね。

料理人の募集は、
本当いつ起こるのかわかりません。

「〇〇出勤遅いな〜」
「さっき辞めたいってメールがきてましたよ」
(こんな辞め方は絶対ダメですが本当にありました)

こんな風に突然辞めてしまうケースもあり、
本当予測不能なのです。

これはちょっと極端な例ですが、

一応常識をわきまえた人ならば最低でも1ヶ月前。
もっと気を使える人はそれ以上前に退社の意向を会社に伝えます。

そこで起こる募集ですが、
正直、募集にもお金がかかります。

例え、何ヶ月前に退職の意向を示されても、
その募集を何ヶ月も前から続けるか?と言うとそれはあまりないですね。

なぜなら、
長い間、募集媒体に掲載が続けば続くほどお金がかかります。
理想は短期間での募集で”パッと”いい人を捕まえたい!

ということは、
人がいなくなるのは決まっているのに、
募集がかけられていないケースもあるという事です。

ですので、募集していなくても先制攻撃です。

「ちょうどよかった、これから募集かけるところだったんだよ!」
実は、こういう事があるのです!

なので、
もし働きたいお店が見つかったら自分からお店にアプローチを仕掛けます

アプローチとしては、
「お店の雰囲気、料理がとても気に入っています。
どうか、そんな御社で勉強させてください」と。

そんな風に言われて、
嫌な気持ちにはなりません。

そこで、面接までこぎつければラッキー。
もう押しの一手です。

もし本当に人が足りていて面接まで行かなくても、
そこで名前を売って、
「募集する際には連絡しますよ」
といった約束手形のもらうのです。

相手も人間です。
自分のお店をそこまで気に入ってくれて、
なおかつ自分から積極的に売り込んでくる…

「そこまで熱い気持ちがあるならば、
次はまず最初に声をかけてみよう…」
となります。

例え、募集が”よーいどん”で行われたとしても、
正直この時点で、他の希望者より一歩リードしています。

まあ、最後はその人の持っている人柄や雰囲気なども絡んできますが、
やる気と強い想いを見せていければ、きっと届きます。

スポンサーリンク


最後に

飲食店に限らず、
・その人がどのくらい仕事ができるのか?
・どんな人間なのか?
などは、面接だけではわかりません。

しかし、採用する側は、
面接でしかその人を知る方法がないのです。

という事は、
面接やそれ以前に”熱意”や”好印象”を相手に与えてしまえば、
採用に近づきます。

なので、
”募集がない”という事はむしろ、
自分をアピールできる絶好のチャンスなのです。

あとは行動に移せるかだけ。
行動できますよね!その店で働きたいんですから。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました