現役料理人が情報発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もやしはなぜ安い?その理由とは?この現状を知る事が生産者を救う!

もやし




1袋19円

我が家の月末の救世主?!
もやし

私の近所では、
そんな、もやし様がたったの

1袋(200g) 19円
で売られているんですよ。

種類によっては、駄菓子よりも安い!
はっきり言って異常です!

「なぜこんなに安いのでしょうか?」
「生産者さんは大丈夫なのでしょうか?」



スポンサードリンク



もやしの安い理由とは?



なぜもやしは安いのか?
その理由はズバリ!
・肥料、農薬費がかからない
・大量生産が可能
・収穫サイクルの短さ
・広い土地がいらない

これらが理由です。



そもそも、
野菜を作る上でかかるコストというものが、

・原材料(種、苗)
・肥料
・農薬
・場所(土地)
ここらあたりでしょうか。


もやしに関しましては、
・肥料は水のみ
・屋内で栽培が可能
・病気に犯されることもない

すなわち
肥料代、農薬代、土地代がかかりません。


これだけでも、
かなりのコストダウンですが、

それに加えて、
・大量生産が可能
・生育期間が1週間程度

と短いサイクルで多く収穫できるという、
まさに奇跡の野菜なのです。


だからと言って、
10円だ!20円だ!というのは、

「実際やっていけるの?」と
心配してしまうほどの価格です。

これでもやし生産者さんは、
やっていけるのでしょうか?



スポンサーリンク



安いもやしで採算は?


実際生産者さんの話では、

小売価格で38円~40円くらい が、
もやしを生産できるギリギリの価格だそうです。

というのも、
原料価格がここ10年で
約3倍もはね上がってるとのこと。

しかし、
価格の方は上がるどころか下がっている傾向…
これではやっていけないですよ!



たとえコストがかからない作物とはいえ、
生産者さんが悲鳴をあげている現状では、

もやし生産者さんどころか、
もやし自体がなくなってしまう恐れだって
否定できませんよ。

とはいえ、
我々消費者ができる事といえば、
もやしをたくさん消費する事くらいでしょうか?


ですので、
私にできる事はこうして、
もやしの現状を発信にて多くの方に知ってもらう!

まずはここから始めたいと思います。


安くて栄養価の高いもやしは、
食べ物の中でも大変優秀な食べ物。

もやしも、生産者さんも、
決してなくなる事のないよう、
みなさんの心のどこかに刻んでおいて頂けたら幸いでございます。



スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。