現役料理人が情報発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパホテルの中国炎上問題は損?得?逆転の発想でピンチをチャンスに!

アパ





アパホテルの”南京事件”書籍炎上問題。

中国に結構やり込められているが、

アパホテル側は、
今回の件、損している? それとも得している?



スポンサードリンク





今回のコトの発端は…


アパホテルの全室に置いてある書籍の内容が
「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」の存在を否定していると、

中国の動画配信サイトで、
この事実を取り上げた動画が公開され、
中国版SNSで大炎上になった問題。

日本の外務省に当たる、
中国外交部がこの問題に関して言及し、

中国の大手旅行会社では、
アパホテルの予約ページが削除されるなどして、

アパホテルに制裁の圧力がかけられている。



しかし、
アパホテル側は、
「日本は言論の自由が保証されているから、
本の回収はしない。」

と強気な姿勢。

アパホテル vs 中国

という対立構図に、
「APAホテルは大丈夫なの?」
と心配してしまうが、

今回の問題は、アパホテルにとって
むしろ”プラス”に働いているというから驚きである。


ピンチはチャンスに変わるのです。



ピンチはチャンスに変わる!逆転の発想


今回の件で、
アパホテルは中国を敵に回す形となったが、
とても冷静であった。



中国の旅行業者や宿泊予約サイトから締め出しをくらった、
アパホテルであったが、

全宿泊者に占める中国人宿泊者の割合は約5%
と分析。

また、
中国人は基本的に団体で動くため、
個人での利用がメインのホテルにはあまり影響はない。

そういった視点からも、
大きな痛手か?といえば決してそうでもないようだ。。




そしてむしろ、
『中国人は”マナーの悪い”(全ての中国人ではないが)』

という中国人に対するイメージが、
日本人の中にあるので、

今回の件で、
”アパホテルには中国人が宿泊しない”

ということが、
日本人利用者にとって、
むしろ良いイメージ与えられるのだ。



さらに、
これだけ連日、様々なメディアで取り上げられれば、
どれだけのホテルの宣伝効果があるだろうか?

もちろん、
この広告費はタダ。

とても”美味しい”話である。




一部では、
”サイバー攻撃をくらった”
なんて話もあるが、

トータルしたら、
メリットの方が多いように思える。


一見窮地に陥ったかのように見えたが、
冷静に判断し、
ピンチをチャンスに転じる形となっている。



このように、
身の回りで”ピンチ”に直面する機会が多々ある。

また、
「これは”ダメ”なんだけどしょうがない。」
と諦めているもの。

これら”ピンチ”をチャンスに変えられたら、
未来は明るくなるはず。



飲食店で働く者として、
逆転の発想で、
ピンチをチャンスに変えてみようじゃないか!




スポンサードリンク




逆転の発想ー飲食編


飲食店で勤める私の中で、
一番嫌いなものが、

『クレーム対応』

である。


『異物混入』『中が生焼け』等、お客様にご迷惑がかかると、
作り手が直接頭を下げに行くのだが、

この場こそ、
チャンスに変えられる場所なのである。



調理の不手際は、
こちらの落ち度なので誠心誠意おわびをする。

ここで、
心を閉ざしたままのお客様も当然いらっしゃいますが、

心を開いてくれるお客様には、
もう少しだけコミュニケーションを投げかけるようにしてます。

・料理の話
・食材の話
・お店の話 など



調理人が直接お客様と接する機会というものは、
あまりありません。


そこで、
不手際を詫びつつ、

料理や食材に関して、説明すると、
興味深く話を聞いてくれます。



「実は〇〇が食べたかった」
「それなら□□の方が全然美味しいですよ」

「これどうやって作ってるの?」
「これはですね…(僕は聞かれたら教えちゃいますね)」

「これ中に何入っているの」
「お詫びにお客様だけにお教えしちゃいますと…」




”嫌な思いをさせたお返し”
というわけではありませんが、

何気ない会話一つで、
そのお店についての印象を少からず残して、
帰ってもらえるようです。


「最初は変なもの出されたけど、
さっき話したやつ、
次に来たら食べさせてくださいね。」


こういった言葉を最後いただくと、
本当ありがたいです。




また、
うちのお店には、排水管の関係で、
床に少し盛り上がったところがあるのですが、
ここはあえてそのままにしています。


その代わりに、
そこを通るお客様には必ず、

「お客様、窪みがございますから、足元お気をつけください」
と呼びかけるようにしています。


すると、
「丁寧にありがとう」
「親切な接客だなあ」
というお客様の中に良い印象が残るようです。


これは、
お店の構造上の”ピンチ”を逆手に取った例です。




最後に


今回はピンチをチャンスに!

というお話をしましたが、
”〇〇だから諦める”
のではなく、

”〇〇だけど、
上手くいくにはどうしたら良いか”と、
諦めないことが大事かと思います。


こんな逆転の発想で、
様々なピンチを乗り越えていきたいものです。



スポンサードリンク











関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。